コービーブライアントの生き方から学ぶマンバメンタリティとは

コービーブライアントのマンバメンタリティ

2020年1月26日、元NBAのスター選手「コービーブライアント」がヘリの墜落事故でこの世を去りました。

その亡きコービーブライアントが提唱していた、マンバメンタリティについて僕の過去の思い出を振り返りながら考えていきたいと思います。

たまたまその日は朝まで起きていて、Twitterのトレンドで「コービーブライアント」が上がっていたのを目にして、この不慮のニュースを知ることになったんですよね。

最初はコービーの通算得点記録33,643点をレブロンが上回ったニュースかと思っていたんですけど、どうやら違うみたいだぞと。

そこで英文のニュースをよく見ると「DIE」と書いてあって、そのあと眠気が一気に覚めました。。

目次

バスケ少年にとっての憧れ

憧れのコービーブライアント

僕は中学からバスケを始めて、大学まで約10年間バスケ部として続けていました。

世代としては田臥の1つ下で、能代カップや東北大会でプレイを目にしていましたね。

日本のバスケ人気の絶頂期

ちょうど「スラムダンク」の連載が始まった頃で、日本のバスケ人気が大きく盛り上がり始めた時期なんじゃないかと思います。

そういった中で、当時の世界最高峰バスケリーグのNBAでゴリゴリに活躍していたのが、「コービーブライアント」だったんです。

上の世代だとNBAのスターはやはり「マイケルジョーダン」で、今の世代だと「レブロン」や「カリー」辺りになるのかなと。

アプ神

ちなみにKOBEは、日本の神戸牛に感動したお父さんがつけた名前ってのは有名な話

コービーは生粋の点取り屋

僕は中学から高校までは「ポイントガード」というポジションでした。

大学に入ってからはチーム事情により点を取るポジションに回って、コービーと同じ「シューティングガード」としてプレイすることが増えました。

1番の魅力はオフェンス

コービーのような豪快なダンクはできないけれど、ドリブルをしながら中に切り込んでいくスタイルや、モーションの早いジャンプシュートなんかはよく真似をしてた気がします。

ゴリゴリ点を奪っていくその姿は、世界中のバスケ少年の憧れの的でした。

アプ神

NBAで活躍するコービーの姿をイメージしながら、体育館でバスケの練習をしてましたね

背番号は「24」よりも「8」が好き

背番号8のコービーブライアント

コービーといえばマイケルジョーダンの背番号「23」に1を足した「24」が有名です。

ただ、僕は初期の頃の背番号「8」が大好きで、大学でも同じ背番号を選んでつけていましたね。

髪型もスキンヘッドの時じゃなくて、短めのアフロの時の方がゴリゴリ感があって好きでした。

若い頃の勝ち気なコービー

僕はいつもレイカーズのバスパンをはいて左肘にバンドを巻いて、ちょっと髪型をアフロっぽくして気分だけはいつも「コービー」だったんですよね。

彼がリーダーとして成熟した時も好きだったんですが、背番号8の頃の若手でめちゃくちゃ勝ち気なプレイスタイルのコービーが本当に大好きでした。

やられたらすぐにやり返すプレーは、相手をねじ伏せるイメージがありましたね。

アプ神

レプリカユニフォームは着なかったけど、時々クローゼットから出して眺めてました

「マンバメンタリティ」について

マンバメンタリティとは

そんな今日は、コービーブライアントが事故で亡くなったという悲報を聞いて、めちゃくちゃ悲しい1日を過ごしていたんです。

マンバメンタリティとは

Twitterのタイムラインで「マンバメンタリティ」の話題が流れると、自分の人生についてもなにか考えさせられる気持ちになりました。

ちなみにコービーには、99.9%の確率で仕留める猛毒ヘビの「ブラックマンバ」という愛称があります。

そのコービーが提唱するのが「マンバメンタリティ」なのです。

「それは考え方ではなく、生き方そのもの。一日も欠かすことなく成長のために努力する生き方。やせ我慢したり、虚勢を張ったりしながら生きることでは決してない。マンバメンタリティとは、取り組んでいる物事が何であれ上達のために努力しようとする最もシンプルな姿勢だ」

常に最善を尽くす人生を歩む

マンバメンタリティとは「最高の自分を目指し、常に最善を尽くす」というコービーの言葉に集約されます。

最愛の娘と一緒に事故で亡くなってしまったコービーは僕の年齢の3つ上で、同じように事故や病気である日突然死んでしまうことがあるかもしれないと。

そんな時に、僕は「常に最善を尽くしてきたのだろうか」、また「後悔するような生き方をしていないだろうか」と月並みではありますが考えるきっかけになりました。

常に最高の自分を目指して

コービーの最高の人生

Twitterでは24秒や8秒バイオレーション(バスケのルールで相手ボールになる)でコービーへの追悼の意を示すNBAの試合が流れています。

また、選手やコーチのコメント動画が流れたりするたびに、泣きそうになります。

マンバメンタリティを心に

レイカーズのバスパンをはいて体育館を走り回っていた僕は、コービーの思い出はポエムのように書けるんですけど、この辺で締めようと思います。

僕ができる範囲で、人生の目的を持ち、マンバメンタリティを忘れないよう最大限の努力をして生きていきたいですね。

RIP Kobe Bryant.

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次