フリーランススタートの評判は?人気のプログラミング言語を調査

フリーランススタートの評判
メモ男
メモ男

プログラミング言語ってたくさんあって、どの言語を勉強していけばいいのか迷うんですよね。。

アプ神
アプ神

プログラミング言語にはJavaやPHP、RubyやPythonなど様々な種類がありますよね

例えばゲームを作りたいのであればUnityやUnreal Engineなどのゲームエンジンがあったり、開発言語もC#やC++など様々な技術が必要となります。

また開発だけでなくAWSなどインフラ系の案件や、OracleなどDB系の案件などもあり、ひとえにIT業界といっても、幅広くイメージしづらいのが現状です。

そこで1つの判断基準として、フリーランススタートを利用してその言語や開発ツールを使った案件がどれくらいの単価なのかを調査してみることをおすすめします。

\ユーザー登録は無料!/

フリーランススタートについて

フリーランススタート

✔フリーランスエンジニア専用のIT求人
✔登録は無料、FBやTwitter連携も可能
✔200社以上のエージェント情報を掲載
✔言語や職種で業界の単価が一目瞭然
✔約30万件もの案件情報データベース

フリーランス向けの案件DB

フリーランススタートとは株式会社Brocanteが運営する、フリーランスエンジニア向けのIT求人・案件サイトです。

最も大きな特徴は、案件を横断的に検索することができて、その言語や分野の単価相場が分かることです。

「どんな言語にたくさん案件があるのか」といったところも、需要を知る意味で参考になるはずです。

アプ神
アプ神

「どんな言語が人気で報酬が高いんだろう?」そんな疑問の答えがグラフで見ると一目瞭然なんですよね

サービスの運営会社情報

運営会社株式会社Brocante
代表取締役笠間 涼
設立2017年10月
所在地東京都渋谷区元代々木町25-6 グランクリーク207
親会社エン・ジャパン株式会社
事業内容「FREELANCE START」、「LAMPCHAT」等

※2019年12月27日にエン・ジャパンが完全子会社化しました

フリーランススタートの特徴

フリーランススタートの特徴

フリーランススタートの特徴について、簡単に解説していきたいと思います。

約30万件のフリーランス案件

フリーランススタートは、2022年3月現在で約30万件もの案件情報が掲載されています。

職種や開発環境、業界から地域別など細かくカテゴライズされていて、日本最大級のフリーランスの案件データベースと言えるのではないでしょうか。

中には情報が古いものも掲載されているため、更新日時が新しいものを選ぶか実際に登録して問い合わせをして確認する必要があります。

200社以上のエージェント企業

これがフリーランススタートの強みとも言えますが、200社以上のエージェントと提携しているため、フリーランスの案件情報を横断的に検索することができます。

また、それぞれのエージェントの強みなども分かるため、自分に合ったエージェントや案件情報を知ることができるのが良い点ですね。

案件の提供元へもスムーズに問い合わせができるため、それぞれのエージェントに個別で登録して情報収集する手間が大幅に削減されます。

言語や職種による単価相場

pythonの単価分布

PythonやRubyなどの言語や、機械学習エンジニアやフロントエンジニアなど職種に絞って検索することで、その言語や職種の平均値や単価の分布が一目でわかります。

またそれぞれの案件数も分かるため、「どの言語がいま人気で単価が高いのか」をすぐに調べることができます。

業界や勤務地でも絞り込み可能

また、項目には都道府県別で全国の案件を見ることができますし、通信やゲームなど業界で絞って検索することもできます。

案件数も膨大にあるので、自分にあった条件を絞って最適な案件を探してみると良いのではないでしょうか。

また、検索している条件でメール配信登録を行うと、条件にマッチした新着案件が配信される機能は便利ですね。

フリーランススタートの評判や口コミ

フリーランススタートの口コミ

フリーランススタートに関する口コミについて、いくつか抜粋してご紹介します。

フリーランススタートの良い評判

男性
男性

自分のスキルにあった案件と相場がわかるのは便利かな

男性
男性

全国の案件を見ることができるのでありがたい

フリーランススタートを使うメリットとしては、大量の案件情報と一括検索することができることです。

「フリーランス版のIndeedのようなもの」と考えると分かりやすいのかもしれません。

フリーランススタートの悪い評判

女性
女性

非公開案件の検索が出来ないのはちょっと不便ですね

男性
男性

公開日時が古いものは募集が終了しているのであてにならない

フリーランススタートのデメリットとしては、案件数が多い反面どうしても古い情報が残ってしまうところです。

また、情報を横断的に把握することができても、個別のエージェント企業が抱える非公開案件までは見ることができません。

フリーランススタートの有効的な使い方

フリーランススタートの便利な使い方

フリーランス案件の巨大なデータベースと考えると、様々な使い方が想定できそうですよね。

案件を情報収集するために利用

フリーランススタートで案件情報のメール配信を登録しておくと、自分にぴったり合った案件が出てくるのを待つことができます。

また、どの分野やどの言語を学んでいくと良いのかを網羅的に見ることができるので、今後のキャリアアップのための羅針盤のとして使えるのが大きな特徴です。

プロジェクトに参画中でも案件情報を収集しておくことで、急きょ案件が終了した場合などでもすぐに次のプロジェクトを探すことができますよね。

良いエージェントを探す

非公開案件やより手厚なサポートが欲しい人は、直接エージェントに登録しておくと良いのではないでしょうか。

エージェントから個別の連絡がめんどくさい人は、フリーランススタートで横断的に案件情報を取得しておいて、必要に応じて問い合わせをする形が良いのではないかと思います。

自分なりの使い方で活用することで、フリーランスにとって必要な情報が得られる便利なサービスですね。

単価や案件需要を元に、これから習得を目指すプログラミング言語を決めてみるのも良いのではないでしょうか。

\まずはユーザー登録から/

コメント