安全でないコンテンツがブロックされました【SSLエラー対処方法】

SSLエラー対策

Chromeのアドレスバーに「安全でないコンテンツがブロックされました」と表示されている場合の対処方法について説明します。

SSL化後にページ内でhttpsではなくhttpでソースコードを読み込んでいることがエラーの原因です。

メモ男
メモ男

ChromeでURLが書いてあるところの右端が☆だけなら大丈夫。変なマークがついてたら対応が必要っす。

アプ神
アプ神

これ意外と対処できていないサイトが見受けられるんですよね。難しくはないので確実に対応しておきたいところ。

「安全でないコンテンツがブロックされました」のSSLエラー解決方法

安全でないコンテンツがブロックされました

自分のサイトでChromeのアドレスバーの右端にエラーマークが表示されていて、クリックすると「安全でないコンテンツがブロックされました」とSSLエラー文言が表示される場合は対応が必要になります。

まずはSSLエラーが表示されている箇所について確認しましょう。

SSLエラーが起きている箇所の確認方法

  • F12を押してChromeのデベロッパーツールを開く
    (設定>その他のツール>デベロッパーツールでも可)
  • Consoleを見て赤くエラーが表示されている箇所を確認

SSLエラーの対処方法

  • http://〜で表示されている部分をhttps://〜に変更
    (CSSやsns.phpなどWordPressのテーマ編集から該当の箇所を探すこと)
  • iframe内などにもhttp://〜が無いか確認
  • テーマを更新してSSLエラー表示が消えていることを確認

SSL化がちゃんとできていないので起こるエラーですが、Wordpress初心者や技術的な見解があまりない人はエックスサーバーでのSSL化が1番楽です。

WordPressのSSL化についてはわいひらさんの寝ログのエックスサーバーでのSSL化手順記事を見るのが早い。
\安定度No1のエックスサーバー/

使ってる人が多いレンタルサーバーは色々なナレッジがWEB上に書かれているので、対処方法や手順に困った時なんかはネットで調べて解決できることが多いのでありがたいですよね。

アプ神
アプ神

Cocoonのサポートフォーラムなんかを見てても、わいひらさんには足を向けて眠れないです。

この記事を書いた人
@appscen

IT企業を2社経営してます。基本的にはアプリ・ゲーム界隈の人。雑記ブログを無性に書きたくなったので、ノリでメディアを立ち上げてみました。

WordPress
APPSCEN –アプシェン–

コメント