アフィリエイト用のWordPressテーマを選ぶポイントを解説

アフィリエイトサイトを立ち上げる際に迷いどころとなる、WordPressのテーマについて選ぶポイントとおすすめを一覧でまとめてみました。

とりあえずアフィリエイトサイトでは王道ではありますが、AFFINGER5SANGOJIN辺りが、有料のWordPressテーマとして使われていることが多いです。

無料テーマではCocoonを使っているアフィリエイターが大半ですね。

また最近ではSWELLTHE SONICなども良く使われるようになってきました。

メモ男
メモ男

ちなみにこのサイト自体はCocoonの標準機能でほぼ作ってるよ。CSSはカスタマイズしてるけど、紹介してるサイトからのコピペなんだ

アプ神
アプ神

アフィリエイターもみんなCocoonをおすすめしてる。迷ってるヒマがあるならまずはサイトを作ることが大切よね

有料と無料のテーマでざっくり分けましたが、手軽に見栄えよくしたいのであれば、有料のテーマを買っちゃった方が早いです。無料テーマならCocoon一択ですね。

Cocoonはカスタマイズ記事も豊富なので、CSSを追加していくと有料テーマと遜色ないデザインに仕上げることができます。

WordPressテーマを選ぶ際のポイント

WordPressのテーマ選び

WordPressのテーマは有料・無料のものと様々ありますが、選ぶ際に外すことができないポイントがいくつかあります。

ここではそのポイントについて簡単に解説をしていきます。

適宜アップデートされているテーマを選ぼう

そもそもWordPressとはCMS(Contents Management System)といわれるもので、WEBサイトのコンテンツを一元管理・保存するためのシステムです。

そのためWordPress自体がどんどん進化していて、定期的にアップデートが行われています。

WordPress自体がアップデートされると、使っているテーマによっては前のバージョンでは起きなかったバグや表示崩れなどが起きたりすることがあります。

そのため、テーマ自体も開発者が適宜アップデートを行っていることが大切です。

メモ男
メモ男

WordPressはざっくり言うと無料でWEBサイトが作れるシステムなんですよね

アプ神
アプ神

WordPressのバージョンが古いと、セキュリティの問題があったりプラグインにも不具合があったりと問題が起きてしまうんだ

レスポンシブ対応のテーマを選ぼう

これはもうほとんどのWordPressテーマで実装されているんですが、レスポンシブ対応されたテーマを選ぶことは必須です。

レスポンシブ対応とは簡単に言ってしまうと、PCとスマートフォン両方での表示に対応しているっていうことですね。

今は大半のユーザーがスマートフォンからアクセスする時代です。

表示が崩れていたりスマホなのにPC表示されていて文字や画像が小さいままだと、多くのユーザーは離脱してしまいます。

WEBサイトの表示や読み込み速度が速いものを選ぼう

WordPressのテーマによっては、スライダーやエフェクトなど高機能なものが用意されている場合があります。

これらはWEBサイトをおしゃれにしたり目立たせるために使われることが多いのですが、表示速度が遅くなってしまう原因にもなります。

ユーザーはサイトに訪れたときに、画像やテキストなどがなかなか表示されないとイライラしてしまい離脱してしまいます。

そこでGoogleの「PageSpeed Insights」というサービスを使うことで、そのサイトの表示速度を計測することができます。

メモ男
メモ男

あまりにも表示速度が遅いサイトなどは、Googleの検索順位にも影響があると言われているね

アプ神
アプ神

WordPressテーマのサイトには「デモサイト」が用意されているので、PageSpeed Insightsで実際に測って比べてみるといいよ

SEOに強いWordPressテーマを選ぶ?

ブログやサイトを作っていく上で、SEO対策は非常に重要です。

何百記事と一生懸命に書いたところで検索からの流入が来ない事には、誰の目にも止まることはありません。

そこでSEOに強いWordPressテーマを選びたくなるとは思うのですが、ここは正直なところどのテーマだからSEOに強いということはあまり関係がありません。

今のWordPressテーマはどれも最低限のSEO対策は機能として準備されていて、サイトが評価される要素としてはそこまで重要ではないからです。

メモ男
メモ男

どうしても気になる人は、検索した時に良く上位表示されているサイトと同じテーマを選ぶと良いかもね

アプ神
アプ神

他の人が使ってるWordPressのテーマを調べたいときは、Chromeの「WPSNIFFER」っていう拡張機能を使うと便利だよ

アフィリエイト向き有料WordPressテーマ

✔ なんだかんだ上位表示されてる
✔ 大型サイトにも最適
✔ カスタマイズや設定は中級者向け
✔ 専用のプラグインが充実
✔ 全てを揃えると高いが価値はある

✔ おしゃれなフラットデザイン
✔ 子テーマも充実
✔ カスタマイズ記事が豊富
✔ ショートコードが充実
✔ 使ってる人が多くテーマが被る

✔ アフィリエイト向けの機能が充実
✔ デザインパターンが豊富
✔ ランキングやCTAなどが便利
✔ 複数サイトの使用が可能
✔ アップデートも行われている

人気の有料テーマを使うメリットは、テーマを使ってる人がたくさんカスタマイズ記事を書いていてくれていることですよね。

また、トラブルシューティングが充実していたりするので、安心して使うことができます。

逆に人気の有料テーマを使うデメリットとしては、同じテーマを使っているサイトが沢山あるのでどうしてもデザインが似通ってしまうことです。

自分なりのデザインやこだわりを作るためには、CSSなどをカスタマイズしてそれぞれ個性を出すと良いでしょう。

その他の有料WordPressテーマ

人と同じWordPressのテーマが嫌だという人は、このあたりの有料テーマを選ぶものアリではないでしょうか。

THE THOR(ザ・トール)

ザ・トール

めちゃめちゃオシャレなサイトを作ることができます。時々セールで安くなっている時があるので、公式サイトを覗いてみましょう。

スタイルを使うとランキングページが簡単に作れるのは良いですね。PPCアフィリエイト用やペラサイトにも使えそうです。

\おしゃれなサイトを作りたい人におすすめ/

THE・THOR 公式サイト

Diver

Diver
カスタマイズ機能が充実しているWordPressテーマです。LP(ランディングページ)を作ったりするのにも向いてます。
これらのテーマを使っている人がいない訳ではないですが、AFFINGERやSANGOなどはもう見た瞬間に使っているテーマがわかるくらい浸透してしまっているのも事実ですよね。
アフィリエイトを始めるにあたって、人と違うサイトにしたい人はあえて人気テーマを避けてみるのも良いでしょう。
\とことんカスタマイズしたい人はコレ/

Diver 公式サイト

アフィリエイト向き無料WordPressテーマ

冒頭でも言い切っていますがCocoonはハッキリ言って素晴らしすぎです。

有料テーマ以上に機能が充実していて、尚且つサイトスピードも高速で、アップデートも適宜行われているので、無料なのが本当に信じられないテーマです。

特にこれからブログやアフィリエイトを始めようっていう人は、最初はCocoonをWordPressのテーマに選ぶと良いでしょう。

\めちゃくちゃお世話になってます!/

Cocoon 公式サイト

Cocoonカスタマイズ参考サイト

Cocoonはシンプルで使いやすいWordPressテーマですが、デフォルトの状態だと少し寂しいのも確かですね。

そこでCocoonはカスタマイズ記事がたくさん書かれているので、気になるものはどんどん取り込んで自分だけのCocoonサイトを作っていきましょう。

公式フォーラムでも盛んにFAQが行われていて、Cocoon作者のわいひらさんには本当に頭が上がらないですね。

アフィリエイト用WordPressテーマまとめ

WordPressのテーマには他にも「権威」や海外のテーマ、また無料でも表示速度の早いテーマなど様々あります。

今回あげたアフィリエイト向きの有料・無料のテーマについては、自分が知っている「実績が出ているアフィリエイトサイト」に使われているものを、ピックアップしてみました。

WordPressのテーマについてはどれもそれほど変わらないという意見もありますが、独自機能やデザイン・表示速度など様々な比較すべき観点があります。

アフィリエイト向きのテーマとそうでないテーマを使うのとでは、記事を書いていく上で作業工数が大きく変わるので自分に合ったテーマ選びを行いましょう。

WordPressのサーバーはどこがおすすめ?

レンタルサーバーおすすめ

初心者向けなら安定の「エックスサーバー」

大きなトラブルもなく、安定したレンタルサーバーを望むならエックスサーバーがおすすめです。

長年の実績があり、現在も多くのアフィリエイターが利用しています。

また、設定方法やトラブルシューティングが記載されたブログ記事もたくさんあるため、参考になる情報を簡単に探すことができます。

スピードを重視したい中級者は「ConoHa WING」

国内のレンタルサーバーで、処理速度がもっとも早いのがConoHa WINGです。

画面UIが扱いにくかったり、SSLの更新でトラブルがあったりと課題はあるものの、サーバーのパフォーマンスは非常に高いです。

サービス自体の歴史は浅いですが、著名アフィリエイターにも人気です。

サイト売却を視野に入れる上級者は「ラッコサーバー」

ブログやサイトを立ち上げて、収益がで始めるとサイトを売却して大きな利益を得る方法が流行っています。

将来的にサイトを売却したい人には、ラッコサーバーが圧倒的におすすめ。

ラッコサーバーはリアルタイムのサーバー契約譲渡が行えるため、サーバー移転などの頻雑な作業もなく、スムーズにサイトを売却することができます。

コメント