営業や顧客開拓が得意な人は「Saleshub」に登録しておくと稼げるよ【副業】

cat

企業にとって新規の顧客開拓はハードルが高く、そこに多額のマーケティングコストをかけている企業は少なくありません。

そんな企業のニーズと副業で稼ぎたい人のニーズをマッチングするのが「Saleshub」という副業プラットフォームサービスです。

従来から顧客紹介や取引先のあっせんなどをして報酬を得ている人はいると思いますが、Saleshubというプラットフォームサービスを介することで、よりスムーズに取引ができて信頼関係を築きやすくなりました。

メモ男
メモ男

本業の取引先や昔働いていた企業なんかを紹介するとお金になるってことね

営業マンや外回りが多い職種の人が副業をするのに、ちょうど良いサービスですよね。

Saleshubはリアルなアフィリエイトのようなもの

◎営業職の副業にピッタリ
◎登録は無料、FB連携も可能
◎中には高額な紹介案件も
◎チャットサポートが安心
◎顧客を紹介して報酬をもらおう


通常アフィリエイトはWEBやブログ上で商品やサービスを紹介して報酬を得る仕組みですが、Saleshubではプラットフォーム上でリアルな企業をご紹介して実際に繋ぐことで報酬を得ることができます。

アフィリエイトで稼ぐのは難しいと思っている人でも、普段から営業をやっていたり人脈があって顧客開拓ができる人なんかは、Saleshubでアポを繋ぐだけで、1万円以上の報酬が得られたりするので、手っ取り早く稼ぐことができますよね。

そもそも新規の顧客を開拓するのにはマーケティングや営業のコストがかかるので、その一部を報酬として受け取るって考えると、双方にとってもメリットはあるんじゃないかなと。

アポイント紹介だけで報酬になったり継続報酬がもらえる案件も


顧客開拓というとハードルが高く感じてしまうかもしれませんが、単純によく知る会社の担当者へのアポイント設定だけであれば、それほど手間はかからないのでしょうか。

月に数件でもアポイントのご紹介ができれば、数万円の副業報酬を得ることができるので、決して悪くない条件だと思います。

またサービスや商品によっては受注金額の数%などが継続的に入る仕組みがあったりと、営業代行や販売代理店に近いような報酬が受けられる案件も中にはあります。

普段から営業をやっていて、日ごろから色々な企業に出入りをしているようなサラリーマンにとっては、アポイントを取ること自体はそこまで難しくないのではないでしょうか。

Saleshubは副業として実際に稼げる?案件出稿側からの目線

メモ男
メモ男

企業からしてみたら新規のアポイントを取るのだけでも大変すからね

これはSaleshubに企業側として案件を出していたのでわかるのですが、実際にアポイントを設定して頂いた紹介者様に報酬を支払っていた側だったので、体感としては普通に月数万円くらいは副業として稼げるのではないかと思います。

特に技術系の企業や、専任の営業マンを置けないようなスタートアップ企業は、顧客開拓などの営業活動に苦戦している企業が多いので、Saleshubのような新規の見込み客を増やしてくれるサービスはまさに渡りに船ですよね。

ちなみに法人からの報酬の支払い自体はクレジットカードでできたりするので、よほどトラブルにならない限りは紹介料をとりっぱぐれたりも少ないのかなと。

Saleshubはサポートもしっかりしているので、成果の着地点やお金のやり取りなどは実際にやりながらお問い合わせたりしてみると良いかと思います。

実際にSaleshubに登録して紹介できる案件がないか見てみよう

Saleshub管理画面から紹介者として登録している人を見る限りだと、やはり現在の所属している会社が大手上場企業だったり、役員などの経歴がある人の方が実際に紹介してもらった時の受注率が高そうなので、引き合いも沢山来そうだなと感じます。

ただしそういった役員経験や大手に属していない方でも、紹介実績や具体的に紹介できる企業名なんかが明示できると報酬にも繋がりやすいはずです。

まずはSaleshubに登録してみて、自分も副業として顧客紹介ができそうな案件がないか探してみるところから始めると良いのではないでしょうか。

この記事を書いた人
appscen

IT企業を2社経営してます。基本的にはアプリ・ゲーム界隈の人。雑記ブログを無性に書きたくなったので、ノリでメディアを立ち上げてみました。

appscenをフォローする
お金
シェアする
APPSCEN【アプシェン】

コメント