営業力はチートスキル?キャリアアップや起業にも超有利

起業を目指す

「営業」というと厳しいノルマがあったり、上司に詰められたり激務だったりとブラックなイメージが浸透していますよね。

ただ、昨今は営業力のある会社が注目されるようになり、好業績な企業の共通点として話題にあがることも増えてきました。

また、「インサイドセールス」と呼ばれる新しいスタイルも浸透しつつあり、急成長しているSaaS企業などでもニーズが高まっている現状があります。

そこで今回は、営業力をつけると自分のキャリアにとってどんなメリットがあるのか、また起業を考えている人にとって有利になる点について解説していきたいと思います。

メモ男
メモ男

営業力をつけると様々なサービスや商品が売れるようになり、どんな会社においても重宝されますよね

アプ神
アプ神

起業する上でも社長の営業力が強いと、会社を急成長させたりピンチにも強い企業を作ることができるんだ

営業力を身につけるメリットとは

営業力のメリット

企業が売上をあげるためには、自社のサービスや製品を購入・契約してもらう必要があります。

そのためには、広告を出して見込み客を集めたり、決裁者にアポイントを取って提案したり、展示会などで紹介したりと、様々な方法で顧客へアプローチすることになります。

売上や利益は企業にとっては血液のようなもので、これが無くなると存続させることが難しくなり倒産してしまいます。

営業とは会社にとって重要な売上や利益に直結する仕事なのです。

営業力を身につけると会社の中でも重要な役割を担うことができ、また仕組みを構築し組織化できる人材は多くの企業で求められています。

また、これは持論ですが「営業力=人間力」と言い換えることができ、営業という仕事を通して成長できる人が成果へと繋げることができるのです。

手っ取り早く営業力をつけるには

営業力のつけ方

営業と一言でいっても、法人営業と個人向けの営業では大きく異なりますし、ルート営業のように関係性の構築が重要であったり、時にはコンサルティングの要素が必要だったりと様々です。

また、必要なスキルや資格なども定義がなく、「なにを学べば営業力が身につくのか」がわかりにくい職種でもあります。

そこで手っ取り早い方法としておすすめなのが、営業が強い会社に入社することです。

有名なところで言えば、リクルートや光通信、キーエンスやプルデンシャル生命などの大手企業や、他にも営業力を売りにしている企業を探してみると良いでしょう。

営業の仕組みが整っていない企業に入ってしまうと、非効率な営業を延々とやらされたり、ただただ詰められるだけで病んでしまうため注意が必要です。

正直プレッシャーはどこもきついので、そこは覚悟しておきましょう。

アプ神
アプ神

ポイントは営業の仕組みがしっかりと構築されている企業です。リクルートのヨミ表なんかも有名ですね

メモ男
メモ男

売れる仕組みは身をもって経験しないと、ノウハウを学んだところで机上の空論になっちゃいますよね

営業の動きや評価はすべて数値化される

営業の数字

営業というと「根性」とか「気合い」のような、抽象的なイメージを持たれている方もいらっしゃるかと思います。

しかし、実際は訪問件数や見込み件数、受注単価や受注率など全てを数値化して管理するのが基本です。

また、飛び込み営業やテレアポなど営業はきつい印象がありますが、すべては投資対効果(ROI)に基づいて戦略が立てられており、獲得効率の悪い営業手法は徐々に廃れていっているのが現状です。

また組織としてはSFA(営業支援システム)を導入することで、営業個人の動きを見える化しチームとして情報共有することで、営業活動の最適化を図ります。

営業個人の評価は数字が全てであり、会社によっては「インセンティブ」という形で還元されます。

営業組織を統括するマネージャーは、会社によってはP/Lを管理し事業として利益を最大化する役割を求められます。

起業を志す人は営業力を身につけよう

起業を目指す人

ここまで営業力について書いてきましたが、起業を志す上で大切なのは「稼ぐ力」を身につけることです。

それは営業という観点だけではなく、WEB上での広告収入であろうとどこかの代理店をやるのでも構わないのですが、会社として売上が立たないことには存続させることができません。

営業力は採用にも役立ちますし、企業との交渉においても不可欠です。

社長の営業が強い会社は、最初から売上を立ててスタートを切ることができ、そのまま年商10億円くらいまで成長してしまう企業もあります。

また会社がピンチに陥った際は自ら営業して稼いできても良いですし、VCや金融機関と交渉して資金調達するにしても、自分を売り込む必要があるのです。

営業力についてのまとめ

営業まとめ

今回は営業について書いてみましたが、自分は学生の頃に起業したいと思うようになり、まずは営業力をつけようと考え営業会社に就職しました。

その時に学んだ仕組みや経験は、起業した今でも役に立っていてあらゆる場面で助けになっています。

昨今は資金調達をしてプロダクトを作り、サービスを展開するスタートアップが増えていますが、勢いのあるSaaS企業にしても顧客がある以上は必ずセールスが必要です。

エンジニアが多い企業などでも営業組織を作ったり、強い営業力で事業を推進していける人材が求められていますよね。

営業力を身につけることで、あなたのキャリアにも武器を。

コメント