「DeMomentSomTres Export」でWordPressの記事を別ドメインに移行する方法

Wordpressの記事移転

サイトの記事数が増えてきて、カテゴリーの整理がうまくできていなかったり、関連性の薄い記事やまったくアクセスが無い記事ってありますよね。

せっかく書いた記事をそのまま削除するのはちょっともったいないなと考えてしまう人であれば、まずはWordPressの記事移転を検討すると良いかと思います。

今回は「DeMomentSomTres Export」というプラグインを使って、簡単に特定の記事を別のドメインに乗せ換える方法についてまとめていきます。

メモ男
メモ男

なにも考えずにブログを書いてきたんですけど、最初の方の記事が超適当でカテゴリーもむちゃくちゃっす。。

アプ神
アプ神

サイト構成とか何も考えずに記事を増やして来ちゃった人向けだね。

ブログ記事のドメインを載せ替えする目的

ドメインの載せ替え

当初のテーマとズレてきてしまったサイトや、雑記ブログとして書いてきてしまってPVが伸びてるカテゴリーを特化サイトとして分けたい場合とかありますよね。

また書いた記事のPVが全然無いけれど完全に消し去るのはちょっと気が引ける、なんていう時はこの方法が最適です。

メモ男
メモ男

ブログを長く運営していると、記事やサイトの方向性だったりジャンル選びとか色々悩むよね。。

そこで今回は「DeMomentSomTres Export」というプラグインを使った方法で、一部の記事のみ別のドメインに移行させる方法について解説していきたいと思います。

アプ神
アプ神

複数の外注ライターがいる場合に、記事の統一性が取れなくなっていることもありますよね。

メモ男
メモ男

特定のライターの記事を移行させたい場合などにも、プラグインで一気に記事を移行できて便利

DeMomentSomTres Exportで記事を移行

DeMomentSomTres Exportについて

DeMomentSomTres Exportというプラグインは、画像や画像自体のソース置き換えなども一括で行ってくれる超便利なプラグインです。

しかもDeMomentSomTres Exportは使い方が簡単なので、WordPressの初心者でも記事の移行はびっくりするくらいあっさりと終わります。

DeMomentSomTres Exportの使い方

WordPress記事の移行は3ステップです。

  1. DeMomentSomTres Exportを有効化
  2. 移転元のデータをエクスポート
  3. 移転先のデータをインポート

記事をインポートする際は、WordPressのメニューから「ツール>インポート>WordPress(インポーターの実行)」から行なってください。

移転した記事のリダイレクト設定

移転元のURLにアクセスした人も移転後の記事が見れるように、「リダイレクト(転送設定)」を行いましょう。

リダイレクト自体はいくつか方法がありますが、比較的簡単な「Redirection」プラグインを使って301リダイレクトを行うと良いでしょう。

またエックスサーバーを使っている人は、サーバーパネルからも簡単にリダイレクト設定が可能です。

  1. サーバーパネル>サイト転送設定
  2. 転送元と転送先を設定
  3. URLを入力し転送されることを確認
アプ神
アプ神

これで元記事のURLに飛んでも移転先の記事にリダイレクトされます

画像エラー時の対処法について

画像エラー

記事の移転がエラーによってできない場合があります。

その際は、干渉している可能性のある他のプラグインを一旦無効にすることをおすすめします。

特に画像が移行できない場合などは「EWWW Image Optimizer」という人気の画像圧縮プラグインがエラーの原因になっている可能性があります。

WordPressはプラグインを沢山入れていると、それぞれが干渉しあって不具合を起こしてしまうことがあります。

記事をインポート・エクスポートする際は無効にして、作業が完了したら元に戻しておくのが良いでしょう。

WordPressで記事移転後の処理作業

記事移転後の処理作業

諸々の記事の移転作業が終わったら、元々あった移転元の不要な記事や画像などは削除しましょう。

この際に必要な記事や画像データが一緒に削除されないよう、十分気をつけてください。

ちなみに自分は不要な記事を別サイトに移転させたことで、PVが一時的に10%程度上がりました。

移転元のメインサイトから、関連性が低い記事が削除されたことで評価が上がったのかもしれません。

アプ神
アプ神

あくまで自分のサイトでの結果に過ぎないですが、サイトのPVが伸び悩んでいる人などは参考程度に。

注意点としては、元の記事にあった被リンク効果が無くなってしまう可能性があります。

Google Search Consoleなどで、本当に移転させて良い記事なのかを記事を移転させる前に判断すると良いでしょう。

サイト移転の失敗が怖い人は代行業者へ

サイト引越し

今回は「DeMomentSomTres Export」を使った、記事移転について説明しました。

人によってはちょっと難しいなと感じるかもしれません。

また、予期せぬトラブルでデータが壊れてしまったり、リダイレクト設定がきちんとできていないとSEO的にもリスクが発生する場合もあります。

  • WordPressの問題を解決できない
  • バックアップから復旧ができない
  • FTPってなに?っていう人

こんな方は無理せずサイト引越しの代行業者を使うと良いでしょう。

ゆったりプランであれば、29,800円(税込)〜で、丸ごと依頼ができます。


\ まずは無料相談から/

サイト引っ越し屋さん 公式サイト

コメント