エンジェル投資家の探し方がわからない人はビジネスマッチングアプリを使ってみよう【yenta】

スタートアップが資金調達をするのに、VCやエンジェル投資家から資金を投資してもらいたいけれど、なにもツテがないと投資してくれる人をどうやって探せばいいのかすらわからないですよね。

知人からの紹介でそういった人たちに繋がるのが1番良いのですが、学生や20代での起業を目指す人は、それまでのコネクションがないと資金調達をするための人脈作りが難しいというのが現状です。

そういった悩みをもつ人は、ビジネスマッチングアプリの「yenta」を使ってみることをおすすめします。

メモ男
メモ男

簡単に言うとビジネス版出会い系アプリみたいな

ビジネスマッチングアプリ「yenta」とはどんなサービス?

yenta
yentaとは東証1部上場企業の株式会社アトラエが運営しているビジネスマッチングアプリです。

毎日AIがレコメンドしてくれる10人に対して、Tinderみたいにスワイプで興味あり・興味なしを選択していくと、興味あり同士でマッチした人とメッセージのやり取りやアポイントの調整をすることができます。

完全審査制なのである程度は身元も保証されているので安心ですよね。審査に落ちてしまった人は残念ながら使えません。

審査においてはプロフィールや企業名など、きちんとエビデンスが取れる内容で登録することをお勧めします。

yenta

yenta

Atrae, Inc.無料posted withアプリーチ

メモ男
メモ男

アトラエさんいつの間に1部上場になってたん

周りの起業家からの評判はかなり良く、相当使いこなしている人もいます。これは仕組みとしてかなり合理的で、アポイントに繋がるまでムダが無いので起業家好みのアプリだと思います。

yentaでマッチングの頻度を上げるにはプロフィールの充実とこまめなレコメンド

yenta02
yentaは適当にやっている人も多いので、ざっくりとしたプロフィールだったり、何がやりたいのかどんな人に会いたいのかが明確になっていない人もいます。

そこでもし資金調達が目的であれば、エンジェルやVCの人と繋がれるように、自社のサービスやプロダクトについてきちんと伝わるように書くことが大事です。

また、こまめにレコメンドを返すことによって、マッチングの総数が増えていくので出会える人の数も相対的に増えていきます。

メモ男
メモ男

いかに「興味あり」に振り分けられるかを考えよう

ちなみに自分が「興味あり」に振り分ける要素としてはこの辺りを重視しています。

  • どういったジャンルの経験をされている人なのか
  • 肩書などがはっきり明記されていること
  • 経歴と具体的な社名まで明かしていること
  • どんな人を求めているか分かりやすい人
  • 普段いる場所が近くで気軽に会えそうな人

資金調達でyentaをおすすめする理由について

これは単純に自分がyentaを介してエンジェル投資家と繋がり、シード投資をしてもらった経験があるからです。

メモ男
メモ男

評判とか聞いた話ではなく完全な実体験すね

もちろんこれが再現性があるわけではなく、単純にエンジェルやVCの人たちもこんな感じでシード期の起業家を探してたりするので、ビジネスマッチングアプリを侮るなかれですね。

yentaでは他にもこんな人と出会えるかも

businessman
自分が起業家カテゴリなのでマッチングする相手も起業家が多いイメージのyentaなんですが、エンジニアや弁護士などをされている方も良く見受けられます。

弁護士の方などは起業家の人とマッチングができるので、営業ツールとして使っている人も多そうですよね。

また、スタートアップなどの創業時にエンジニアを探している人なんかは、同じようにスタートアップを経験したいエンジニアと繋がることができたりするようなので、「仲間を見つける」という目的としてもyentaは使えそうです。

コメント

  1. アゴなし より:

    アプリで資金調達できたってすごいですね。どうやったらそんな人に出会えるんでしょう?

    • appscen appscen より:

      yentaはそこまでマメにやってなかったんですが、現状やってるビジネスやこれからやりたいことなんかをプロフィールに載せてましたね。

      あとは、渋谷界隈にいつもいますよとか、フットワークが軽くて気軽に会える感は出していました。

      実際に出会えるかについては、こればっかりはまぁはご縁なので一概にはお約束できないですよね。

      ただそれでも様々な機会は人と出会うことで創出されていくと思うので、yantaを通してビジネス上で良い人と巡り会えると良いですね。