THE HUBのレンタルオフィスがスタートアップにおすすめな理由

THE HUBのレンタルオフィス

レンタルオフィスやシェアオフィスを運営するnexは、関東を中心として全国に小規模オフィス賃貸サービスを展開しています。

以前はアセットデザインという名称でやっていましたが、nex株式会社に社名変更となり、「THE HUB」などのおしゃれなシェアオフィスを提供していてリブランディングしました。

初期コストが抑えられるのと、様々なサイズの個室オフィスなどもあるため、企業が成長する上で同じレンタルオフィス内でも拡張性が持てるのがスタートアップ企業におすすめのポイントです。

メモ男

アセットデザインは老舗のイメージがありましたが、ガラッと印象が変わりましたね

アプ神

アセットデザインからnexに変わってもずっと利用してます

目次

レンタルオフィス「THE HUB」の特徴

THE HUB新宿ワシントン

nexはレンタルオフィスやシェアオフィスの「THE HUB」というオフィスサービスを提供しています。

「THE HUB」の特徴を簡単に言うと、「そこそこのグレードのビルをほどよい料金で借りれること」ではないでしょうか。

エントランスなどもしっかりとしたビルが多く、ミーティングスペースや拠点によっては有人対応もあるので来客があっても問題ありません。

THE HUBのターゲットは中間層?

WeWorkや東急のビジネスエアポートなどはグレードの高い大型ビルでオフィスサービスを提供していますが、料金もやや割高で個室や複数人が利用できる小規模オフィスだとそれなりの金額になります。

また、格安のレンタルオフィスなどは築年数の古い雑居ビルだったり、立地やエントランスのイメージがあまり良くなく、来客を迎え入れるにはちょっと厳しいなと感じるところもあります。

nexが運営するレンタルオフィス「THE HUB」はそれなりに事業を行っていて、採用や来客対応があるスタートアップ企業でも満足ができるスペックのオフィスなんですよね。

THE HUBは料金が明確

これはアセットデザインの時からそうでしたが、料金がオープンになっていて比較検討がしやすいです。

筆者はレンタルオフィスやシェアオフィスの情報を探すのが趣味なんですが、コストパフォーマンスや立地、キャンペーンの有無などから、最終的にnexのTHE HUBに行き着くことが多いです。

また、シェアオフィスは料金が比較的オープンになっている場合が多いのですが、個室のレンタルオフィスや数人が入居できる小規模オフィスは「問い合わせ対応」になっているところが多いんですよね。

WEB上で料金が確認できないと、比較するのにわざわざ問い合わせするのも面倒です。

アプ神

問い合わせ対応のところは割高なイメージがあります

\ 全国773拠点のレンタルオフィス /

必要なオフィスサービスが揃っている

THE HUB新宿

スタートアップ企業というと、まだバックオフィスの社員がいなかったりするため、顧客対応や庶務的な仕事には手が回らなかったりします。

THE HUBには有人対応のフロントや、オプションで郵送物の転送や電話秘書サービスなどもあるため、バックオフィスにコストをあまりかけられないスタートアップにおすすめです。

またプリンターやコピーができる複合機や、ドリンクサービス、貸しロッカー、TELコーナーなどもあり、オフィスに必要なものが大体揃っているんですよね。

ビジネスサポートクラブは便利

nexのレンタルオフィスの契約する際に、ビジネスサポートクラブ(BSC)というものに入会するんですが、ほどよい料金で様々なサービスを利用することができます。

例えば会社を運営していくとどんどん増えていく書類を保管してくれるサービスや、会社設立手続きや税務会計など士業に関わるサービス、福利厚生系のサービスなど安い料金で使えます。

会社を経営していくと様々なところで手間やコストがかかっていくものですが、長く運営しているだけあってこの辺のサポートは充実してるなと感じます。

アプ神

自分は電話回線と電話秘書サービスを利用しています

メモ男

必要なものだけWEB上で申し込みできるのがいいっすね

THE HUB all accessはアプリで簡単に利用可能

THE HUB赤坂見附

nexは多拠点型のサテライトオフィスとして、「THE HUB all access」というサービスも展開しています。

これはTHE HUBのシェアオフィススペースを使うことができるサービスで、テレワークが中心の会社などでも作業場や会議室が使いたい時に便利です。

定額制プランと従量制の2プラン

定額制は月16,500円で時間無制限で使うことができるため、例えば週3回以上で使う予定があるのであればこちらがお得です。

また、テレワークなど基本は在宅で、週1くらいは気分転換に出社して作業したい場合などは、従量制プランにすると格安でオフィスを使うことができますよね。

VPNを用意すれば、どこの拠点で作業していても同じ固定IP環境でアクセスすることができるので便利です。

会議室やミーティングブースもあるので、打ち合わせがある日だけ使うなんてこともできそうです。

利用方法は公式アプリで予約するだけ

THE HUB

THE HUB

nex Inc.無料posted withアプリーチ

THE HUB all accessの使い方は簡単で、まずは利用する前に申し込みをしましょう。

そのあとはアプリから使いたい拠点を予約して、オフィスを実際に利用することができます。

オフィスの入退室はQRコードで管理されているため、発行されたQRコードをリーダーにかざすことで出入りが可能になります。

THE HUBについてざっくりまとめ

THE HUBはこれから事業を大きくしていきたいスタートアップにとって、柔軟性がありそこそこのグレードのオフィスを準備できるところが大きなメリットだと思います。

デメリットとしては初期費用もそれなりにかかるので、お得に借りたい場合はキャンペーン情報などもチェックしておくと良いでしょう。

また、人気の拠点で個室オフィスが空いた場合などはすぐに埋まってしまう傾向があるので、定期的に空き情報などを見に行ってみると良いかと思います。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次